NLP の諸前提

NLP は、一式の世界についてのモデルを提示しますが、

これらは NLP の諸前提と呼ばれています。その一部を以下に紹介します。

  1. コミュニケーションの意味は、それが引き出す反応である。
  2. コミュニケーションには、失敗はなく、ただ結果だけがある。
  3. 地図は領土ではない。
  4. 皆、自分自身のユニークな世界についてのモデルに住んでいる。
  5. 人々は、世界と状況についてのユニークなモデルを条件として、常に自分に可能な最善の選択を行う。
  6. 人々は、望む変革を達成するのに必要な手段すべてをすでにもちあわせている。
  7. クリーンで、オープンの知覚感覚経路に代用できるものはない。
  8. 自分が直面する抵抗は、コミュニケータとして自分には柔軟性が欠如していることを意味する。行っていることがうまく行かないなら、他のことをしてみること。
  9. 人々の間のやりとりで、最も柔軟性で多様な行動を示せる人がそのやり取りの結果をコントロールすることができる。
  10. 個人の内的または外的行動の価値と適切さが問題にされることがあっても、その存在価値は常に肯定的に評価される。

NLP は、これらの前提が必ずしも真であるとは主張しませんが、

その世界についてのモデルに従う人々は自分が本当に達成したいものをさらに容易に達成することが可能になるという意味において、

これらの前提は極めてパワフルであることが判明します。

Swami Guhen 著の CD-ROM ブック、「サイバーブック: 悟りのための統合的認識論」